カカオの効能

カカオの効能

カカオ豆の特徴

チョコレートは一般的に高脂肪・高カロリー食品であるがゆえに「鼻血が出る」「太る」「虫歯になりやすい」と何かと攻撃されがちでしたが、最近になっていくつかの成分が健康パワーとして注目されていいます。

 1.ポリフェノールが豊富で抗酸化作用がある
 2.集中力や記憶力を高めたり気持ちを穏やかにさせる
 3.ミネラルバランスも良く食物繊維が豊富

カカオ豆には抗酸化作用がある

人間の体をさびつかせる活性酸素と戦う抗酸化物質(スカベンジャー)には、水溶性のビタミン脂溶性のβカロチン・ビタミンE・ゴマリグナン・リコピン・両溶性(どちらにも溶ける)ポリフェノール類などがある。

赤ワインやお茶などと並んでカカオにも豊富なポリフェノールが含まれており、すぐれた抗酸化作用を期待できる。

・ポリフェノールの抗酸化作用

・動脈硬化の予防作用がある

・コレステロール値を下げる

・がんの発生を抑制する効果がある

がんの発生とチョコレートの関係については興味深いデータがある。チョコレートをたくさん食べる国では胃がん死亡者が少ないというものだ。例えば、一人あたりの年間消費量が最も多いスイスと日本を比較してみると、スイスのチョコレートの消費量は日本の約6倍、胃がんによる死亡者数は約4分の1という報告もあります。

 

 

 

カカオ豆は集中力・記憶力を高めたり、気持ちを穏やかにさせる

チョコレートの甘い香りには集中力や記憶力を高める効果があることがいろいろな実験から明らかになっている。
また、チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれており、神経を鎮静させる作用があることもわかっている。「チョコレートを食べると興奮して鼻血が出る」というのはむしろ逆で、ヨーロッパなどでは寝る前にチョコレートを食べたりすることもあるようです。

カカオ豆はミネラル、食物繊維が豊富

チョコレートの原料であるカカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれている。特に女性に不足しがちと言われている鉄分などを、チョコレートを食べることで補うことができる。また、食物繊維が豊富に含まれている点も見逃せない。

[カカオ豆の特徴]

1.抗酸化の働きがある(ポリフェノールの抗酸化作用)

 私たちの体をサビびつかせる活性酸素と闘う抗酸化物質(水溶性のビタミンC、脂溶性のβカロチン、ビタミンE,リグナン、リコピン、ポリフェノール類など)がある。赤ワインやお茶などと並んでカカオにも豊富なポリフェノールがあり、すぐれた抗酸化効果を期待できる。

尚、がんの発生とチョコレートの関係についても、チョコレートの一人当たりの年間消費量が最も多いスイスと日本を比較してみると、チョコレートの消費量は日本の約6倍、胃がんによる志望者数は4分の1となるようです。またアレルギーや胃潰瘍を予防する効果も期待できるという報告も知られるところです。

 

ページトップへ戻る